カーゲートの工事を検討中なら、この選び方が役立つかもしれません!

カーゲートの工事を検討中なら、この選び方が役立つかもしれません!

お家の前に大切なお車を置いていらっしゃるあなたへ。

 

あなたがカーゲートの工事を検討中なら、見た目だけではなく使いやすさや防犯性などにも考慮してみるのがおすすめです。

 

今回は外構工事専門のG-Stoneが、あなたにとって本当に必要なカーゲートを見つける方法についてお伝えしていきます。

 

1: カーゲートの特徴とは

カーゲートには、用途やデザインなど複数の種類や特徴があります。

(1)ポールゲートやチェーンポール

車の前に、ポールを置くことで簡単には車を盗めない印象を与えることができます。

 

また、勝手な迷惑駐車の抑制にも役立ちます。

 

ポールゲートやチェーンポールは、費用も安く設置も簡単です。

また、傾斜のある場所や扉などが付けづらい四角くない土地にも利用しやすいので利用される方も多いです。

 

大きな扉や塀で車を囲んでいませんので、オープンな雰囲気は近年人気の「オープン外構」にも合わせやすいカーゲートだと言えます。

(2)アコーディオンタイプの横引き扉

これも昔からあるカーゲードです。

狭い場所から広い場所まで、どのような場所にも使えます。

また、傾斜のある土地や変形した土地でも簡単に設置して使えますので人気が高いカーゲートだと言えるでしょう。

 

アコーディオンタイプの扉は、左右片方向にだけ開いて開けるタイプと、左右両方向へ開けるタイプがありますので、あなたの車の大きさや駐車スペースの間口の広さによって選ぶことができます。

 

駐車スペースの両側に、アコーディオンタイプの扉を止める支柱がありますが、境界の内側を見えないようにする圧倒感は少ないので、盗難防止を行いながら、オープンな雰囲気をまわりに伝えることができるでしょう。

(3)折れ戸タイプの横引き扉

パタパタと折れてたためるタイプです。

折り畳んだ後は支柱の角に収まるので、駐車スペースの間口を広く使うことができます。

 

ただ、最初のうちはパタパタと折り畳むときにコツが必要なのと、折れる度に戸の一部に手で触れるので、扉が汚れていると手にも汚れがつきやすくなります。

(4)畳まないタイプの横引き扉

1枚タイプの扉もあれば、複数枚で構成された扉もあります。

このタイプの扉は、お家の中の扉と同じような作りなので、開け閉めするときの安定感が高いです。

 

適度な重さと見た目の安定感で、ワンランク上のカーゲートに見えるのもうれしいですね。

(5)跳ね上げ式

駐車しているときは、車の前に扉として降下。

車を出すときには扉がゆっくりと跳ね上がり、視界がオープンになるタイプです。

 

このタイプを選ぶ方が最近増えてきている印象があります。

確かに跳ね上げ式は、使い勝手が楽なんですね。

 

カーゲートを開けたときの扉の収納スペースが左右に必要ないですので、間口が広くなり車の出し入れも安心できます。

 

また、扉が上に跳ね上がるので、風などで家の前の道路へはみ出すという心配もありません。

 

さらに跳ね上げする動作をリモコンで車内からできるタイプですと、雨の日に車から降りて濡れながら(または傘を差しながら)扉を手で開けるという面倒な動作が必要なくなり快適になります。

 

横引き式の扉よりも、圧迫感があるかもしれませんが、そこは扉部分の材質や色など豊富なデザインから選ぶことで軽減することができるでしょう。

 

最近では木目調を施した跳ね上げ式の扉もありますので、外から見ると圧迫感のあるカーゲートではなく、暖かみのあるナチュラルでセンスの良い家庭をイメージできます。

(6)シャッタータイプ

シャッタータイプの扉をつけることで、大切な愛車を守ることができます。

 

ただ従来のシャッタータイプですと、外からの視線を完全に遮るようなデザインになっているものが多かったので、圧迫感がすごく選びづらいと考えておられた人もいるかと思います。

 

しかしそんな心配は最近のタイプには必要ありません。

シャッター部分に開放感のあるグリルが施されているタイプもありますので、少しはやわらかい印象を与えることができるでしょう。

 

シャッタータイプにもリモコンで開閉するものがありますので、雨の日に不便な思いをすることはありません。

 

2: カーゲートのメリットをご存じですか?

このように種類が豊富なカーゲートですが、カーゲートを選ぶとき気になるのが、どのようなメリットがあるのかということです。

 

そもそもカーゲートにメリットを感じないのであれば、大切なお金を使って取り付ける必要はありません。

 

これからお伝えするメリットが、あなたにとってもメリットなのか、それとも気にしなくても済むことなのか判断していただきたいと思います。

(1)いたずら対策

車や駐車スペースに置いている自転車などへのいたずら防止に役立ちます。

 

ポールや扉などが1つあるだけで、軽い気持ちでそこから先に入ってはいけない雰囲気ができあがり、いたずらしてみようという気持ちを止めることができるでしょう。

(2)盗難対策

高価な車や珍しい車。

中古車市場で人気の車や、海外で人気の車は狙われやすいです。

 

カーゲートをつけることで、完全に盗難を防止することはできませんが、空き巣と同じで少しでも手間がかかるところは敬遠される傾向にあるようです。

(3)防犯対策

車が目的ではなく、車の部品や車内の装備を盗もうとする人がいます。

こういうのも、カーゲートがあることで入るための手間が増えますし、見つかったとき逃げにくくなるので敬遠される傾向にあります。

(4)侵入対策

あなたの敷地に知らない人が入ってくるかもしれません。

カーゲードがあれば、駐車スペースからの侵入対策になります。

 

相手もわざわざ扉を開ける、乗り越えるという手間はかけたくないはず。

空き巣対策にもなりますね。

(5)家族の安全対策

小さなお子さんがいらっしゃる場合、駐車スペースは広いので車がないと、ちょうどいい遊び場になることもあります。

 

こういう使い方をしていると、小さなお子さんは急に何かに興味を持ち、道路へ飛び出してしまうこともあります。

 

ご家族の安全のためにも、カーゲートがあると大変安心できるでしょう。

(6)ペットの安全対策

ペットの飛び出しも多いです。

 

ペットの場合、飛び出して驚くとあちこち走り回ったり、怖くて隠れたりするので救出することが大変です。

 

こういった対策にもカーゲートは役立つでしょう。

(7)視線を気にしなくてすむ対策

人通りが多い。

車通りが多い。

 

こういう場所ではカーゲートを設置することで視線を気にしなくて済みます。

 

グリル式のシャッターであっても、直接視線を合わすことがありませんので、自分の家でリラックスすることができるでしょう。

(8)無断駐車の対策

これは法律上どうかと思うのですが、自分勝手に「空いてるから」という理由で、他人の家の前に止めてしまわれることがあります。

 

警察へ連絡するのが一番ですが、こちらとしては気分の良いものではありません。

最初から勝手に駐車できないように、カーゲートを設置しておくのが精神衛生上賢い選択だと思います。

 

ほんと、ポールだけでも良いので設置しておくと、イヤな思いをしなくて済みます。

 

3: カーゲートを選ぶ方法についてお伝えします!

(1)防犯性

一番に考えたいのは、カーゲートに防犯性が必要かどうかです。

 

高い防犯性が必要であれば、シャッタータイプや跳ね上げ式になります。

(2)駐車のしやすさ

カーゲートを付けることで駐車スペースが狭くなり、停めにくくなることがあります。

 

駐車スペースと車のサイズを考慮してカーゲートのタイプを検討しましょう。

(3)扉の使い勝手

タイプによって扉の使い勝手が変わってきます。

 

片手で開け閉めできるものもあれば、両手でないと畳めないものもあります。

また、リモコンで開け閉めできるものもありますので、どのような使い勝手を求めているのかはっきりしておきましょう。

(4)デザイン

カーゲートとお家の印象が合っているのかは大切なポイントです。

 

色やデザインなど、コーディネートを考えましょう。

(5)カーゲートの使い方を検討

カーゲート部分は車だけが出入りするのか。

それとも人も玄関や勝手口として出入りするのか。

 

頻繁に開け閉めするのなら、リモコンで跳ね上げ式やシャッタータイプのカーゲートは面倒に感じるでしょう。

 

どのように使うのかをイメージしておきましょう。

 

4: カーゲートの工事を始める前に知っておくこと

人が頻繁に出入りしないのなら、カーゲートは跳ね上げ式でリモコンを使って開閉できるのが便利です。

 

なんといっても

 

  • デザイン性が高い
  • 駐車スペースが広く使える
  • 雨の日に濡れにくい

 

確かに費用はアコーディオンタイプよりも高くなりますが、使い勝手や防犯性を考えると、決して高すぎるものではないと思います。

 

工事に取りかかってから「やっぱりリモコンが良かった」と思っても後戻りできない可能性があります。

 

ぜひ工事前にショールームなどを利用して、リモコン操作での開閉や、跳ね上げ式の使い勝手を体験してみてください。

 

5: まとめ

カーゲートの工事を検討されているのなら、今回お話しましたポイントを参考にして選んでいただきたいと思います。

 

カーゲートは一度設置すると、気軽に取り替えるものではありません。

ですから、あなたの使い方やメリットに感じる部分を明確にしてから、それぞれのタイプを検討いただきたいのです。

 

今回の内容が、あなたのカーゲート選びの参考になりましたら幸いです。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です