ベストなカーポートプランニング5つのポイント

ベストなカーポートプランニング5つのポイント

外構工事の中で気になる工事と言えば「カーポート」も、その一つではないでしょうか。

 

カーポートは家の見え方、見られ方に影響しますし、家族の生活にも密着していますから、使い勝手も気になる部分だと思います。

 

そこで今回はカーポートを選ぶときのポイントや、カーポートプランニングするときに知っておきたい5つのタイプについて紹介します。

1: カーポート選びのポイントとは

カーポート選びのポイントとは

カーポート選びのポイントというと、誰もが最初に思い浮かぶのが「駐車台数」でしょう。

 

しかし、カーポートを快適に使うことを考えると、駐車台数以外にも押さえておくべきポイントがあるんです。

 

それではこれから、ひとつずつポイントを見ていきましょう。

(1)間口のサイズ

当たり前ですが、カーポートは車を出し入れします。

ですから、カーポートの間口のサイズは重要です。

 

車を入れるときの「駐車軌道」がどうなるのか。

直進するだけで入れられる軌道なのか。

それともカーブしながら入れる軌道になるのか。

 

直進するだけで入れられるのなら、間口のサイズは車の幅から決められます。

 

しかしカーブしながら入れるのなら、車の回転半径もプラスして考えておかないと楽に出し入れすることができません。

 

運転が得意な方なら気にならないかもしれませんが、どうも苦手という方には大きなプレッシャーになります。

 

カーポートの間口サイズを押さえておきましょう。

 (2)柱の位置

カーポートには、屋根を支えている柱があります。

この柱は地中に埋めますから、埋める場所にライフラインや配管がないか確認しておきましょう。

 

カーポートを設置するのにベストな位置だと思えても、柱が立つところに配管があればNGになってしまいます。

 

カーポートを設置したい場所の地中には、どんな埋設物があるのか。

外構専門の業者に相談して確認しておきましょう。

 (3)屋根の高さ

カーポートの屋根の高さは、車高に対してギリギリではいけません。

かと言って、高すぎる屋根は雨が吹き込みやすくなります。

 

カーポートの下の部分の水はけの方法によっては、斜めになることもありますから、カーポートの高さに制限ができることもあります。

 

カーポートの設置場所と合わせて、どれくらいの屋根の高さまで可能なのかも、外構専門の業者に確認しておきたい部分です。

 (4)設置する場所

カーポートを設置する場所には気をつけておきましょう。

というのも、隣の家との境界線ギリギリではトラブルのタネになるかもしれません。

 

カーポートの屋根に当たった雨がハネ、隣の家に落ちる。

雪の降る地域ならカーポートの屋根から落ちた雪が問題になる。

 

こんなことは先に防いでおきたいところです。

 

どうしてもカーポートが境界線ギリギリになってしまうのなら、屋根の形に注意しておくことで回避できます。

 

今はいろいろな形状の屋根がありますから、外構専門の業者へ相談してみてください。

 

あなたの家に最適な屋根の形状をアドバイスしてくれます。

 (5)本体の強度

これはあなたの家の地域、気候に左右されます。

風が強い地域なら、強風に耐えられるカーポートを。

雪が降る地域なら、雪の重さに耐えられるカーポートを。

 

気象条件は人間が変えることはできません。

地域の特性に適した「強度」のカーポートを選んでください。

 (6)プラス要因も考えておく

例えば、

 

カーポートで洗車したいと思うのなら、車の大きさ+アルファの広さがほしいですよね?

水も使いやすいように、カーポートの近くに水栓もほしくなります。

 

また、サイクリングやカヌー、スキー、サーフィンなど、車にルーフキャリアを付ける可能性があるのなら、カーポートの屋根の高さは車の高さ+アルファ必要です。

 

これからのライフスタイルも考慮して、カーポートの大きさや形状を考えてみてください。

それでは続いてカーポート、5つのタイプについて紹介します。

それぞれのタイプには特徴がありますので、参考にしてあなたに合ったタイプを選んでください。

 

2: 【タイプ1】耐久性を重視したカーポート

【タイプ1】耐久性を重視したカーポート

耐久性を重視するなら「折板屋根(せっぱんやね)の四隅支持タイプ」がおすすめです。

 

屋根が折り畳んだ構造なので台風などの強い風にも強いのが特徴です。

また屋根は遮光効果がありますので、屋根の下が真っ暗になることもありません。

 

3: 【タイプ2】デザインを重視したカーポート

【タイプ2】デザインを重視したカーポート

デザイン重視なら「片側支持タイプ」です。

 

このタイプは柱が片側だけですので、車の出し入れが一方向からだけなら、非常に使いやすいカーポートになります。

 

費用も比較的安いので、強風、積雪など、1年を通して気候に大きな変動がない地域にはぴったりです。

 

4: 【タイプ3】2台用のカーポート

【タイプ3】2台用のカーポート

人気の2台駐車できるタイプが「四隅支持タイプ」です。

 

折板屋根タイプとは違って、屋根の構造がシンプルなのでスッキリとした見た目も人気のポイントです。

 

5: 【タイプ4】車庫入れが苦手な方のカーポート

【タイプ4】車庫入れが苦手な方のカーポート

車庫入れは苦手という方におすすめなのが「後方支持タイプ」です。

 

前と左右に柱がありませんから比較的簡単に駐車できます。

柱は後方に2本あるだけですので、柱の前に車止めなどを設置しておくと、駐車するとき大切な車を柱にぶつける心配も少なくなります。

 

また、オープンな雰囲気もありますから洋風のお家にも最適です。

 

6: 【タイプ5】屋根がベランダになるカーポート

【タイプ5】屋根がベランダになるカーポート

駐車スペースをもっと有効に活用したい。

そんな方のためにおすすめなのが、カーポートの屋根部分がベランダになるタイプです。

 

屋根部分のベランダが耐えられる重さを知っておく必要はありますが、ちょっとしたアウトドア気分を味わうこともできます。

また、穏やかな季節なら夕暮れ時にテーブルとイスを持ち込んで、ゆったりとしたリラックス空間を楽しむこともできます。

 

費用は他のタイプのカーポートよりも高めになりますが、手に入れられるものも多いタイプ。

 

カーポートを考えておられるなら、ベランダとしても使えるカーポートは一考の余地ありです。

 

7: まとめ

このようにカーポートとひとくちに言っても、選ぶポイントや用途、ライフスタイル、地域性によって最適なタイプがあるんです。

 

カーポートは1度取り付けると、簡単にやり直すことができません。

車庫入れが苦手なのに、四方が柱になっている狭いカーポートを選んでしまっていたら、車を運転することが「キライ」になってしまいます。

 

せっかく車もあって、カーポートもあるのに出し入れがしづらいからという理由で、結局は車を休日しか使わないというご家庭もあると思います。

 

こんなもったいないことにならないように、今回の内容を参考にしながら、あなたのお家とライフスタイルにぴったりと合ったカーポートをプランニングして、快適な暮らしを手に入れてください。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です