新築の外構工事で考えておきたい「子どもの庭」

新築の外構工事で考えておきたい「子どもの庭」

新築での外構工事。

お子さんがいらっしゃるご家庭に多い悩みというと

 

  • 子どもが安全に遊べる庭は?
  • 子どもが快適に楽しめる庭は?
  • 大人も子どもも楽しめる方法って?

 

このようなお悩みや質問が多いです。

 

そこで今回は、お子さんがいらっしゃるご家庭に向けて、安全に快適に、そして長く楽しめる庭のポイントを紹介します。

1: お子さんが小さいとき

お子さんが小さいとき

私自身もそうでしたが、お子さんが中学生になるまでは、好奇心の塊だと言えます。

 

動くものなら何でも興味が湧いてきます。

親が「さわらないで!」といっても、さわります。

 

それが小さな虫だったとしても、雑草だったとしても、おかまいなしに興味が湧いたものへ近寄っていき触れあいます。

 

これはお子さんが成長する上で大事な体験ですから「全部ダメ!」というわけにはいきません。

 

そこで、小さなお子さんがいらっしゃるなら重要視してほしいのは

「安全性」

これに尽きます。

 

「興味をもってうれしそうに走ったことで、突然道路へ飛び出した。」

 

こんなことが起こると大変です。

 

また庭で走ったときには転ぶ可能性もあります。

もし転んだところが砂利やコンクリートだったとすると、ケガのリスクも高くなりますし、親にとっても子どもにとっても気分の良いものではありません。

 

ですから、お子さんが小さいころには、安全第一として

 

  • 突然の飛び出しを防止するクローズ外構
  • 転んでもケガをしにくい芝生
  • 1階の窓から庭へ落ちないようにウッドデッキ

 

このような外構を行うことで、事故やケガを防ぐことができます。

 

2: 大人も子どもも快適な庭

大人も子どもも快適な庭

次におすすめなのが、大人も子どもも快適に暮らせる庭の存在です。

 

快適なスペースを作っておくことで、お子さんも庭で遊ぶことが楽しくなりますし、大人は安全にリラックスした環境で過ごすことができます。

 

また、雨の日でも快適に過ごせるようにテラス屋根や日陰をつくるシェードを設置することで、いつでもストレスなく遊べる空間ができあがります。

 

特にテラス屋根の設置は、梅雨時期でも雨の日でも洗濯物を干すスペースにもなりますので、満足度の高い外構となるでしょう。

 

他には、庭に趣味の家庭菜園の場所を作り、食育に力をいれるのもいいですね。

 

駐車スペースを広めにとっておくと、チャイルドシートを乗せるときにも快適です。

 

お子さんの安全と、大人の楽しみも実現できる外構は、新築だからこそ設計できるメリット。

子どもの目線、大人の目線、両方から考えてみてください。

 

3: お子さんの成長を考えた設計

お子さんの成長を考えた設計

お子さんが小学校、中学校と成長するにしたがって、必要になってくるのが「自転車」です。

 

忘れられがちなのですが、駐輪スペースは必ず考えておきたい空間です。

今はお子さんが小さいから必要ないと思っていても、成長するにしたがって自転車も大きくなり、駐輪スペースが必要になってきます。

 

ですから、最初から家族の人数分の自転車が駐輪できるスペースを用意しておくのが得策です。

 

後から追加工事で駐輪スペースを広げると、相応の費用や工事期間中の不便さも出てきます。

 

数年先の変化に対応できる空間を考えておきたいですね。

 

4: お子さんが成人になると必要なこと

お子さんが成人になると必要なこと

一番多いのが、お子さんが成人され「車が1台増えた」という場合。

 

車が1台増えると、駐車スペースが1台分必要になります。

特に生活に車が欠かせない地域なら、駐車スペースを作り出す必要が出てきます。

 

そこで新築のときから、庭を広めにとっておきましょう。

庭と道路の高低差を少なくしておければ尚いいです。

 

こうしておけば、お子さんが成人され車が1台増えたときでも、比較的簡単に庭をリフォームし駐車スペースにすることができます。

 

将来を見越した外構の設計は、多くの経験から生まれます。

 

ぜひ外構工事を依頼する業者さんへ相談してください。

 

今までの経験や実績から、最適なアドバイスがもらえることでしょう。

 

5: お子さんが小さい間に楽しむ

お子さんが小さい間に楽しむ

お子さんが大きくなると駐車スペースにリフォームされるかもしれない庭ですが、お子さんが小さいときだからこそ、一緒に楽しんで思い出を作る庭にしておきたいところです。

 

一緒に思い出を作るのに最適なのは、家族一緒にガーデニングや菜園をして木や花、野菜を育てることでしょう。

 

ガーデニングや野菜を育てるためには、土地をフカフカな良い状態にしておく必要があります。

 

ただ土を起こしておくだけではいけません。

石やガラス、小さなプラスチックの破片などが取り除かれ「整地」された状態がふさわしいものです。

 

ぜひ外構の中で、このような庭を作りたいと考えておられるなら、土地をきれいにする技術も持った外構工事業者に依頼してください。

 

6: まとめ

お子さんの成長は楽しみなものです。

だからこそ、成長に応じた快適な空間や楽しめるスペースを作るために、長い目で見た計画と設計が必要になります。

 

お子さんが小さいうちは安全重視で。

成長にあわせて駐輪スペースや駐車スペース。

 

そしてもっとも大切にしたい、お子さんとの思い出づくり。

 

ぜひ今回のことを組み入れて、あなたのご家族のライフスタイルを快適にしてください。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です