フェンスに目隠しを後付けしたい!そんなとき覚えておきたいポイント3つ

フェンスに目隠しを後付けしたい!そんなとき覚えておきたいポイント3つ

住み始めてわかること。

 

それは、お隣さんの生活習慣や表の道を通る人々の行動。

 

特にお隣さんの場合、最初の頃はお互いに気を使っていますから、あまり気にならないものです。でも、月日が経つとだんだん遠慮がなくなります。

 

また、暮らしが進む中でライフスタイルも変化し、2~3年前までは何ともなかったのに、今ではものすごく気になることや、こちらのライフスタイルを楽しめないということも出てくるものです。

 

そこで、今すでにフェンスはあるけれど目隠しフェンスを取り付けて、お隣さんや表の道を通る人の視線を気にせずにいられるようにしたい!

 

そんな思いをもたれているなら、今回お話するポイントを覚えておいてもらって、目隠しフェンスの設置を考えていただきたいと思います。

 

1: 普通のフェンスと目隠しフェンスの違いとは

普通のフェンスと目隠しフェンスの違いとは

普通のフェンスと目隠しフェンスの違いは何でしょうか?

 

普通のフェンスの役割は、お隣さんとの境界を明確にするためのものです。

ですから、フェンスそのものに役割があるのではなく、フェンスがあることではっきりとさせているだけなのです。

 

そのため、普通のフェンスは費用面でもそんなに高くなく、どちらかと言ってデザインが優れているものが多いです。

 

あなたもご近所を散歩されると目に入ってくると思いますが、多くのフェンスには高さもなくおしゃれなイメージのものが多いことに気づかれることでしょう。

 

対して、目隠しフェンスとは何なのかというと、こちらは境界を表すものではなく視線を遮るためのものです。

 

そのため、普通のフェンスよりも背が高くなります。

材質やデザインもおしゃれなものより実用性が高くなっています。

 

当然ですが、背が高くなるため耐久性などにも重点が置かれています。

 

設置する工事の方法にも違いがあり、普通のフェンスはブロックを2~3段ほど積んで、その上にフェンスを設置し高さを1mくらいにします。

 

目隠しフェンスの場合、フェンスの高さが2m~3mくらいになると、基礎にコンクリートを使って工事し、その上に重さのある目隠しフェンスを設置することになります。

 

同じ「フェンス」という言葉で表されていますが、普通のフェンスと目隠しフェンスでは、用途も工事の方法も違ってきます。

 

そして、フェンスの価格も違ってくることを覚えておいてください。

 

2: 目隠しフェンスを後付けするときの注意点

目隠しフェンスを後付けするときの注意点

このように目隠しフェンスは普通のフェンスとは違い、少し重苦しいものになってしまいます。

 

そのため、目隠しフェンスを後付けするときには、気をつけておかないとトラブルに発展することもあり得ます。

(1)フェンスの表裏で問題になることも

フェンスには表と裏があります。

 

お隣さんの庭側にフェンスの裏面が出ていると、自分の方が良くてもお隣さんは景観が良くないというかもしれません。

 

目隠しフェンスの設置には賛成して承諾を得ていたとしても、こんなことでクレームが発生することもあります。

 

そこで、境界でありながら目隠しフェンスを後付けするときには、フェンスの両面が表面になるような製品を選びましょう。

(2)現実を見ると納得できないことも

目隠しフェンスについて説明し、承諾を得たにも関わらずご近所からクレームが・・・。

 

こういう場合、ほとんどは「思っていたよりも圧迫感がある」とか「日が当たらなくなった」とか「気分が滅入る(これは閉塞感でしょうね)」というような話を聞かされることになります。

 

設置してしまった目隠しフェンスはどうしようもありませんから、こうなる前に

 

  • 実際にはどのくらいの高さになるのか
  • フェンスの高さが変わるので日がどのくらい入るのか
  • 普通のフェンスとは違うので風通しが変わる

 

こういったことを具体的に説明しておきましょう。

ご自身だけで難しい場合は、施工を依頼する業者さんにも助けてもらいましょう。

 

十分すぎるくらいの説明で丁度良いと思います。

(3)やってはいけない許可なし設置

境界を示すブロックは自分の敷地内あるから大丈夫。

だからお隣さんへ説明なしで目隠しフェンスをつけてしまおう。

 

お隣さんへ説明するのが面倒なので、こういう流れで設置してしまいたい気持ちもわかります。

 

しかし、普通のフェンスならともかく、目隠しフェンスの場合は先ほども出てきましたが、

 

  • フェンスの高さが高い
  • 圧迫感がある
  • 風の通りが変わる
  • 日のあたり具合が変わる

 

そして、感情的なことですが、

 

  • 気が滅入る
  • 重苦しい
  • 息が詰まる

 

というような、科学的でない話が飛び出すこともあり得ます。

 

 

このような、ある意味どうしようもないことで問題が出てくる前に、お隣さんには出来るだけ詳しい説明をしておきましょう。

 

できれば、目隠しフェンスを設置することで、お隣さんのメリットになることを説明に取り入れるようにしたいですね。

 

3: 目隠しフェンスを楽しむ方法

目隠しフェンスを楽しむ方法

目隠しフェンスはお隣さんへの気遣いも必要ですが、ご自身の快適性も考えておかなくていけません。

 

ただ視線が気になるからと、背の高い目隠しフェンスを設置するだけでは、自分自身も圧迫感を感じて楽しくリラックスして過ごすことができなくなります。

(1)上からの視線を遮りたい

こういった場合、無理に背の高い目隠しフェンスを設置するよりも、テラス囲いなどで対応できないか考えてみて下さい。

 

テラス囲いなら、目隠しに近い材質で作ることができますから、フェンスはそのままでOKということも可能です。

(2)目隠しはしたいけれど暗いのはちょっと

すりガラスのようになった素材の目隠しフェンスもあります。

 

半透明なので人影は見えますが、はっきりとした動きや仕草はわかりません。

 

半透明ですから明るさもキープできますので圧迫感を軽減することができます。

(3)要塞のような目隠しフェンスはイヤだ

目隠しフェンスの代表的なのものは、要塞のようなフェンスが多いです。

 

あなたも少し広い敷地をお持ちの家を散歩がてら見学してみてください。

 

道路からは全く庭や家の中が見えないくらい、要塞のように囲まれているフェンスが目に留まることでしょう。

 

そのようなフェンスもお家の雰囲気次第ではOKなのですが、新築戸建てのお家でかわいい感じの家には似つかわしくありません。

 

そこで、完璧に視線を遮ることはあきらめて、木目調のルーバー方式になっているフェンスを選ぶのがおすすめです。

 

ルーバー方式なので、隙間がありますが意図的にしゃがんで覗かないと中を見ることはできません。

 

また、隙間から風も通りますし、日の光も届きますから気持ちも明るくなるでしょう。

このように目隠しフェンスと言っても、要塞のようなフェンスではなく、デザインを楽しむこともできるんです。

 

あなたの「視線を遮りたい」という欲求の強さによって、選んでいただきたいと思います。

 

4: まとめ

目隠しフェンスは視線を遮ることができますから、庭で家族団らんを過ごしたいご家族などには大変意味のあるものです。

 

しかし、今回お伝えしましたように、どうしてもお隣さんへの影響が出てしまいますから、まずは設置することを伝えるところからはじめていただきたいと思います。

 

最初の一歩目を間違えると、上手く行くことも進まなくなります。

 

目隠しフェンスにも選択肢がありますから、まずは外構工事の専門家と相談して、あなたのメリットとお隣のメリットを満たせるフェンスの候補を選びましょう。

 

その中からお隣さんへ説明し、お互いに気持ちよく暮らせるフェンスを選んでいくようにしてください。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です