狭くて無理!?外構専門業者が玄関アプローチのヒントを紹介!

ゆったりとした門から一歩中へ入ると、そこから見える光景は、まるでイギリスのおしゃれなお家。

 

玄関へと続くアプローチはゆるやかなカーブを描き、両側には季節にあった草花がお客様をお出迎え。

 

色鮮やかな花、鼻をくすぐる季節の香り、、、。

 

あなたも門から玄関までのアプローチに、こんなイメージを持っておられるのでないでしょうか。

 

しかし、現実に目を向けてみると・・・、ちょっと、狭くて無理!?

 

 

このような現実から、あこがれの玄関アプローチをあきらめてしまう方がいらっしゃいます。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

経験豊富な外構工事専門のG-STONEなら、あなたが満足のいく玄関アプローチをご提案いたします。

 

そこで今回は狭い場所でも、あこがれの玄関アプローチに近づけられるヒントをご紹介します。

 

1: 玄関アプローチは狭いスペースでも出来る

玄関アプローチは狭いスペースでも出来る

どうして、最近のお家では理想の玄関アプローチをあきらめることになるのでしょうか。

 

その理由は、過去から続く日本の住宅建築の「風習」にあります。

 

日本では、土地(敷地)の南側に道路がある場合、お家を土地の北側へ寄せて建築することが多いです。

 

そのため、従来の土地の広さがあれば、南側にある道路とお家の玄関までの間にあるスペースが広くなります。

 

このため、広めにあるスペースに庭を造ったり、アプローチを凝ったものにすることができました。

 

だから、昔のお家は門から玄関までの間に、大きな石が置いてあったり、太い木が植わっていたりするのです。

 

しかし、近年、お家を建てるときの土地の広さが狭くなっています。

特に都心部や、新興住宅地では、戸建ての土地(敷地)面積が小さくなっています。

 

そのため、南側に道路があったとしても、お家が土地の中ギリギリいっぱいまで建ちますから、従来のような「スペース」が設けられません。

 

当然、スペースがないということは、門から玄関までの余裕もありません。

短い玄関アプローチを現実にしたとき、多くの人が理想の状態をあきらめてしまいます。

 

そして、道路から門、門から玄関までを、コンクリートで固める方もいらっしゃいます。

これはこれで便利なときもありますが、やはり少しは「ゆったり」とした玄関アプローチにしたいものですよね。

 

そこで、私たち外構工事の専門家は、次のような玄関アプローチを紹介します。

 

2: 玄関アプローチは正面ばかりがおすすめじゃない

玄関アプローチは正面ばかりがおすすめじゃない

道路から門、門から玄関までの距離が短い、または狭い場合、門から玄関までを正面にすることが多いと思います。

 

これはお近くのお家を見てもらえるとわかりますが、門からそのまま玄関が見えている状態です。

 

これ、確かに予算や工事から見ると良いアイデアだと思います。

でも、門から玄関までの距離感が「ほぼ直線」になるため、少しアプローチを曲がらせても「狭い」ことがありありとわかってしまいます。

 

門を入れば、すぐ玄関。

 

こんなイメージです。そして、少し窮屈で余裕のないイメージが伝わってきます。

 

そこで、こういった場合には柔軟な発想をしてください。

 

どうして門から玄関までは従来のように「ほぼ直線」で「正面」でないといけないのか。

 

特に決まりはありません。

 

 

ということで、門から玄関までのアプローチを「横方向」にして考えてみましょう。

 

門から入ったら、横方向へ進み、90度回ったところへ玄関を置く。

 

こうすることで、玄関までのアプローチが長くとれますし、門と玄関が直線的ではなくなるため「狭い」「短い」という距離感が薄れます。

 

何より、玄関までの間を「曲がる」ことができるので、角に植木でアクセントを付けたり、ライトで演出することもできますね。

 

3: オープンとクローズの中間的仕切りを活用

オープンとクローズの中間的仕切りを活用

オープン外構の場合でも、横方向にアプローチを造ることができます。

 

しかし、オープンの場合、門という境目がありません。

そこで、少しだけクローズの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

門の位置へ、格子スクリーンを使って仕切りにします。

また、道路から一歩内側に入ったところへ、向こうが見えるフェンスを設置します。

 

こうすることで、道路からいきなり「門」ではなく、道路と門の間に「空間」ができますから、これだけでも印象が変わります。

 

空間には「緑」を植えておくと、より「やさしい」印象になりますね。

 

4: 階段は手すりで安全対策を

階段は手すりで安全対策を

 

門から横方向へ向かって玄関へ。

 

お家によっては、門と玄関に高低差があり「階段」になっているところもあると思います。

 

こういった場合、玄関から下へ転落することがないよう、手すりをつけておくと安心できます。

 

また、手すりだけだと見た目にも「不安」な感じなら、手すりとフェンスが一体になったものがあります。

 

5: 高低差があるお家は階段のレイアウトを見直しましょう

高低差があるお家は階段のレイアウトを見直しましょう

道路と玄関に高低差があるお家、多いと思います。

 

先ほどの「手すり」もそうですが、もう一つアイデアとしてお話するのが、階段のレイアウトに変化を付けるということです。

 

もし土地の余裕が許されるのなら、道路ギリギリから階段を始めずに、一歩踏み込んだところから階段を始めたいですね。

 

これだけで「ゆとり」ができますから。

 

そして、横方向か斜め方向へ上がって玄関へ。

このとき、一番下と一番上は若干広めのスペースだと、余裕のある雰囲気が際だちます。

 

階段の脇やコーナーに緑を植えたり、ライトを置くことで、いっそうお家の雰囲気が変わってきます。

 

6: まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

このように玄関アプローチは「正面から」でなくてもOKなんです。

 

どうしても従来の固定概念から「正面」というのがありますが、少し柔軟な発想を働かせ横からのアプローチにすると「狭いので無理」が「余裕の空間ができる」に変化します。

 

このようなアイデアは、

 

  • あなたの生活における使い勝手
  • あなたの理想のアプローチ
  • あなたの予算

 

このようなことを総合的にバランスよくお聴きし、現実的な工事に落とし込める「業者の経験値」がものをいいます。

 

もし、玄関アプローチに悩んでおられるのなら。

 

もし、道路とお家の間の土地の広さから、理想に近い玄関アプローチをあきらめておられるのなら、

 

一度、私たちにご相談いただけないでしょうか?

 

あなたのご希望を真剣に、そして丁寧にお聴きさせていただき、外構専門業者として、プロだからこそできるご提案を差し上げます。

 

ぜひ、あなたの理想の暮らしを創るお手伝いをさせていただきたい。

このように心より願っております。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です