迷った時に役立つ外構工事業者の選び方

迷った時に役立つ外構工事業者の選び方

新築戸建ての外構を考えておられるなら、外構業者の選び方について迷っておられるのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーにお願いするか。

それともネットで見つけるか、直接依頼にするか。

 

どちらにもメリットとデメリットがありますし、実際のところ工事の仕事ぶりはわからないため、ピンポイントで選ぶことは大変難しいと思います。

 

そこで今回は、外構工事専門のG-Stoneが、あなたにとって毎日がうれしくなるような外構工事を請け負ってくれる業者の選び方についてご紹介していきます。

 

1: 外構工事の依頼には2つの流れがあります

ご存じの通り、戸建ての外構工事には2つの流れがあります。

少し復習しておきましょう。

(1)ハウスメーカー経由

あなたがお家を建てられたときに担当したハウスメーカーさんを経由して、外構工事を依頼する方法です。

 

この場合、ハウスメーカーさんが直接外構工事を行うことは希でして、ほとんどの場合は、外部の「外構工事業者」へ仕事を渡します。

 

簡単な流れで見ると

 

あなた → ハウスメーカー → 外構工事業者

 

となります。ここでのポイントは、あなたが支払う外構工事費用には、ハウスメーカーが外構工事業者へ仕事を紹介した「手数料」が上乗せされていることです。

 

手数料に関しては、外構工事業者が出した見積もり金額の3割程度が一般的と言われていますが、手数料はハウスメーカーさんによってまちまちなので決まりはありません。

 

ただ、本来の工事費よりは高くなっていることは間違いありません。

 

(2)外構工事業者へ直接依頼

あなたが直接、外構工事業者へ依頼する方法です。

 

この場合の流れを簡単に見ると

 

あなた → 外構工事業者

 

単純な流れになります。

 

この場合、流れを見ると一目瞭然ですが、間にハウスメーカーさんがありませんので、仕事を紹介した「手数料」が発生しません。

 

仮に手数料が1割だったとして、外構工事費が100万円なら、10万円が浮いたことになります。

 

IKEAなら10万円で、かなりいろいろな(それもおしゃれな)家具が買えます。

 

2: 2つの流れのメリットとデメリット

2つの流れにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

(1)ハウスメーカー経由

■メリット

  • 依頼が楽

お家を購入された時からの付き合いですから話が早い。

あなたの好みもわかってくれているでしょうし、予算の許容範囲も理解してくれていることでしょう。

 

何といっても、外構工事の手配やスケジュールを全部ハウスメーカーさんがやってくるので非常に楽ちんです。

 

  • 安心

ハウスメーカーさんの場合、お家に保証があります。

おそらく外構工事も含まれているでしょうから、保証期間内のトラブルなら無料で対処してくださることでしょう。

 

  • 工事の量が多い

量が多いから良いとは限りませんが、職人仕事ですので質は量に比例する部分があります。

 

ハウスメーカーさんの仕事を次々こなしている業者さんなら、それだけ経験値もありますので、良い仕事をしてくれるでしょう。

 

■デメリット

  • 手数料分高い

先ほども出てきましたが、手数料分がどうしても高くなります。

 

これはハウスメーカーさんの企業活動を考えると仕方のないことですが・・・。

 

  • 融通が利きにくい

ハウスメーカーさんに依頼すると、だいたい同じようなプランになりますので、特別な融通を効いてもらえないことがあります。

 

他のお家とは違う外構が良い!と考えておられるのなら、この部分はデメリットとなります。

 

(2)外構工事業者へ直接依頼

■メリット

  • 手数料分の費用が下がる

直接の依頼ですから、手数料が発生しませんので、その分の費用が下がります。

 

  • 融通が利く

あなたのご依頼によって外構のプランを考えますので、安全上や構造上に問題が出ないのなら融通が効きます。

 

  • 安心

外構工事業者にも保証があります。

ただし、ハウスメーカーのようにグループ内ならどこでも同じという保証ではありません。

 

業者さんによって違っていますから確認することが大切です。

 

■デメリット

  • 探さないといけない

直接依頼する場合、あなたが外構工事業者を探さないといけません。

 

今回この記事を見られているように、インターネットを使って検索するとか、新聞折り込みのチラシを見て電話するとか、何らかのアクションをあなたが起こすことになります。

 

  • 仕事にバラつきがある

外構工事業者によって、仕事にバラつきがあります。

 

これは得意な部分とそうでない部分にもよりますし、業者自体のスキルが原因の場合もあります。

 

3: 保証とフォローを確認しましょう

外構工事を依頼するとき、どちらの流れで依頼するにしても重要なのは次の2点です。

 

  • 保証
  • フォロー

 

工事完成から

 

  • 何年間は保証対象なのか
  • どの範囲までが保証対象なのか
  • どんなトラブルは無料で、どんなトラブルは有料対応なのか

 

また、フォローも大切です。

 

  • きちんと担当者につながるのか
  • 連絡から何日くらいで修復の工事に入ってくれるのか
  • どこの業者が工事に来てくれるのか

 

フォローは、たらい回しにされることがあります。

 

担当者がいないから。

工事業者がつかまらないから。

材料が入ってこないから。

 

言い訳が上手いよりも、誠意をもってフォローしてくれるところを選ぶと、後々何か起こったときにイヤな思いをしなくて済みます。

 

4: 重要なのは仕事をする人

外構工事は人が行う仕事です。

 

ですから、担当者がどれだけ上手に対応しても、仕事をする人に伝わっていなければ良いものができません。

 

そこでハウスメーカーさん、外構工事業者、どちらへ依頼する場合にも、

 

どんな人が実際に担当してくれるのか

 

ここを教えてもらいましょう。

 

 

当たり前ですが、外構工事の専門家の人。

こちらの要望をくみ取ってくれる人。

わからないことを丁寧に答えてくれる人。

きちんと工事を管理し報告してくれる人。

 

 

社会人としてのマナーや人間性が大切なのです。

 

5: まとめ

外構工事は、新築戸建てを依頼したハウスメーカーさんか、私たちのような外構工事の専門業者のどちらかを選ぶことができます。

 

どちらを選ぶにしても、お話しましたようにメリットとデメリットがありますので、あなたが許容できる方を選んでもらいたいと思います。

 

また、費用に関してはハウスメーカーさんの方が高くなります。これは広告や動いている人が多いためです。

 

 

正直なところ、どちらが良いとは一口には言えません。

強いて言うなら、あなたのお家の外構を作る担当者の人柄が決め手になるでしょう。

 

誰を見て仕事をしているのか、ここが非常に大切だと思います。

 

ぜひハウスメーカーさんや外構専門業者の担当者と直に話してみてください。

 

そして、

 

「優しそうだけど、目が笑っていない」

「口はうまいけど連絡が遅い」

 

という人よりも、

 

「怖そうだけど、良さそうな人」

「口べただけどガンバッテ説明してくれる」

 

という人を選んでもらいたいと思います。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です