新築の外構工事で失敗しないために学ぶべき3つのポイント

新築の外構工事で失敗しないために学ぶべき3つのポイント

外構工事のタイミングは

  • 新築のとき
  • 庭のリフォームのとき

 

この2つが大きなタイミングだと思います。

 

そしてどちらも気になるのは、まわりから見られているイメージでしょう。

誰もカッコよくない、美しくない外構にしたいとは思っていませんから。

 

でも、見た目ばかりに気がいくと、毎日使う玄関や庭が使いにくいとか、雨の日に濡れてイライラするとか、おしゃれだけれどストレスいっぱいということにもなりかねません。

 

そこで、今回は外構工事を行って失敗しないためのポイントを紹介したいと思います。

1: 外構工事の種類

外構工事の種類

外構工事には、大きくわけて3つ種類があります。

それぞれにメリッドや特徴がありますので、一つひとつ紹介していきます。

(1)クローズド外構

一般的な日本の家にある外構です。

外から庭の中が見えにくくなっていて、家のまわりには塀が立っている外構です。

 

この外構は防犯性が高いのがメリットであり特徴です。

庭に入るためには、門扉から入るか塀をよじ登る必要がありますので、簡単に第三者が侵入できません。

 

また人目が気になりにくいので、洗濯物を干していてもストレスがありませんし、庭に出ていても安心していられます。

 

反対にクローズド外構は費用面で高くなりやすく、工事にも手間がかかります。

 

費用によって高級感も変わりますので、予算と相談して慎重に使う素材を決めていきたい外構です。

(2)オープン外構

現在の新築に多い外構で、洋風の家に似合う外構です。

 

オープン外構は、家のまわりに目隠しのような塀は門、扉がありません。

防犯という視点で考えると、クローズド外構よりも不用心にも思えますが、オープン外構の場合、隠れるところがないため防犯性が高いとも言われています。

 

またオープン外構は費用面でもクローズド外構よりも安くできることが多いです。

そもそも塀や門を使いませんから、その分の費用を削減できることになります。

 

オープン外構のデメリットはというと、外からのプライバシーが皆無だということです。

 

庭に出ていても、家の前を通る人や隣の家の人から見えています。

部屋のカーテンを開けていると、外から部屋の中が見えてしまいます。

 

またオープン外構だから、といって家のまわりに何も置かなくなると、家と庭とのバランスがとれなくなり、寂しげな家になってしまうこともあります。

(3)セミクローズド外構

クローズド外構とオープン外構の両方を使った中間的な外構です。

 

敷地はブロックやフェンスで囲み、駐車場や玄関までのアプローチはオープンにする。

 

そんな外構です。

 

予算によってはかなり豪華な外構も可能なのが、セミクローズド外構です。

デザインも豊富に選べるので、検討する価値はあると思います。

2: 外構工事を行う会社

 外構工事を行う会社

外構工事を行う会社と聞かれて、どのような会社が思いつきますか?

 

ちなみに私どもは外構工事の会社ですが、高速道路などの山肌を守る「擁壁」工事のプロでもあり、土地を美しくする技術を持った「解体工事」の会社でもあります。

 

このように外構工事の会社は、様々な知識や技術、特性を持っていますので、あなたの思い描く外構工事を得意とした業者を見つける必要があります。

 

それでは、どんな会社があるのか紹介していきましょう。

(1)ハウスメーカー

新築でハウスメーカーを選ばれたなら、外構工事もハウスメーカーに依頼する人が多いでしょう。

 

ハウスメーカーに外構工事を頼むメリットは、なんといっても窓口が一つだということです。

 

あなたがハウスメーカーと外構工事業者の両方とやりとりしなくても良いということがメリットです。

 

また、ハウスメーカーを通した外構工事の多くは、保証がついていることが多いので安心感も高いです。

 

ただ注意しておくことは、ハウスメーカーを通して外構工事を依頼すると、ハウスメーカーは外構工事を外注しますので、直接外構工事業者に依頼するよりも高めになることが多いです。

 

平均して工事金額の20~30%、100万円の工事なら、ハウスメーカーに20万円~30万円入っていることになり、その分をあなたが多く払っていることになります。

(2)ホームセンター

最近はホームセンターでも外構工事を請け負っています。

 

この場合のメリットは、「とにかく安い!」。

 

ホームセンターは大量仕入れを行うことで、低価格で商品を販売しています。

 

簡単なエクステリアの取り付けなら良いかもしれませんが、大きな外構工事だと後の保証や、外構工事を行う会社の技術がわかりませんので不安が残ります。

 

また商品は低価格でも、

  • 工事費用や手数料が高い
  • 工事費用は安いがそれなりの工事

 

ということもありますので、大がかりな外構工事を依頼するときには、注意することが必要でしょう。

(3)土木工事業者

私どもも「擁壁」という部分では、ここに当たります。

  • 土を掘る
  • コンクリートを打つ
  • 基礎工事をする

 

こういったことが得意ですから、駐車スペースや玄関へのアプローチなどの外構工事が得意だと言えます。

 

特に、少し高い位置に家があり、土留めする必要がある場合などは、土木工事業者の出番です。

 

家の基礎部分、駐車スペース、水はけの問題解決。

家の根本に関わるような外構工事なら、土木工事業者を選ぶのがいいでしょう。

(4)造園業

外構工事、特に「庭」を思い浮かべた方は「造園業」のイメージをお持ちかもしれません。

 

造園業は「植物」を扱うことが得意です。

植栽や手入れも得意ですし、「庭」をデザインすることも得意です。

 

造園業者に外構を依頼するときには、あなたのイメージしている外構が、造園業者にとっても得意なのかということです。

 

造園業者によっては「和風」は得意だけれど「洋風」は苦手。

お寺の庭は得意だけど、一般家庭の庭はちょっと。

 

そんなふうに得手不得手がありますので、必ず確認しておきたいところです。

(5)外構専門業者

ここまでお話したことを平均的に(得意なことはありますが)やってくれるのが外構専門業者です。

 

玄関や玄関までのアプローチ。

敷地のまわりの塀や門。

 

庭のデザインや、庭の水はけ対策。

駐車スペースやカーポートの設置。

 

家のまわり(外構)を総合的に提案し工事するのが外構専門業者です。

 

外構専門業者は、自社での施工を行っているところが多いため、費用面でも中間マージンという手数料が発生しないので、工事品質が高く費用を最小限に抑えるということができます。

 

しかし、ここで注意することがあります。

それは、外構専門業者だからと言って、全て優良な業者ばかりではないということです。

 

どの業界、業種でも同じですが、優良な業者もいれば、そうでない業者も存在します。

 

ですから、外構工事を依頼するときには、複数から見積もりを取り寄せ、あなたが納得のいく会社へ依頼するようにしてください。

3: 外構工事業者を選ぶ基準

外構工事業者を選ぶ基準

外構工事は安いものではありません。

高額な費用を払ったのに、適当な仕事をされては本末転倒です。

 

そこで、ここでは外構工事業者を選ぶ基準を紹介します。

(1)費用面

「低価格だからOK」という方もいるでしょう。

 

それはそれで間違いではありません。

しかし、どうして低価格なのかを知っておくことで、後悔することが少なくなります。

 

反対に「高額すぎ」ということもあります。

高額になりすぎるのには理由があります。

 

まず「低価格」というのは、判断が難しいですが、複数から見積もりを取ったときに、あまりにも低価格なのは危険です。

 

材料や商品の価格は、ほぼ同じくらいだと考えると、次に低価格を実現するためにすることは工事の品質を下げることでしょう。

 

これでは「低価格」でも、外構工事の意味がありませんよね?

 

反対にあまりにも「高額」な場合は、下請け業者に外注している可能性が考えられます。

 

ぜひ複数の見積もりを取ったときには、その費用でどのような工事が行われるのか、自社で工事をするのかを確認しておきましょう。

(2)得意分野

外構工事業者には得意分野があります。

 

ここでの選ぶ基準としては、あなたの理想の状態を得意とする業者を選ぶこと。

 

洋風の外構が理想なのに、和風の外構が得意な業者では、あなたの理想の状態にはならないでしょう。

(3)工事の品質

「高額だったら安心」ということではありません。

 

しかし「安かろう、悪かろう」というのはハッキリしています。

 

「安い」には理由があります。

  • 見えない部分に使う材料が少ない
  • 材料が良くない
  • 手間を省く

 

少しずつ工事期間を短くし、材料を少なくし「これくらいなら」という気持ちで工事を行うことが積み重なって、品質を保てなくなるということが起こります。

 

優良工事業者は、正しい価格を提示してきます。

外構工事は「言い値」という部分もあります。

 

ですから、業者の自信と品質が価格に現れてきます。

 

大幅値引き、激安に出会うことを減らすと、悪徳業者に出会うことも減るでしょう。

 

ぜひ優良業者と出会い、手抜き工事のリスクを回避してください。

4: 外構工事業者の見つけ方

外構工事業者の見つけ方

(1)インターネットを活用

今、この記事をお読みのあなたは、すでにインターネットで探しておられることでしょう。

 

インターネットで探すと、外構工事業者のホームページやブログへたどり着くことができます。

 

はっきり言って、ホームページやブログを見るだけでは判断しにくいですが、書かれている内容や会社概要、代表のあいさつを読み進めてもらうと、その会社の「人と成り」が見えてくると思います。

 

「見極める」まではいかなくても、

 

「なんとなく良さそう」

 

そう感じたら問い合わせしてみてください。

いきなり電話するのはハードルが高いなと思われるなら、問い合わせのページやメールから問い合わせしてください。

 

そのときのやりとりからも、会社の雰囲気や信頼感を感じることができますから、選ぶときの判断材料になります。

(2)タウンページ

古くからある「タウンページ」。

 

こちらも有効です。

ただ、どうもタウンページの広告は、業者さんの良い部分が表れていませんので、広告を見ただけでは判断できません。

 

ですから、「資料請求」をすることから始めてみてください。

 

電話することになりますから、ハードルが高いです。

でも、電話で話をすると相手のことがすぐにわかります。

 

別に電話をしたからといって、その業者と契約しないといけないことはありません。

押し売りされそうになったり、ひつこく電話してきたら、消費者センターへ連絡しましょう。

(3)紹介

もし、あなたのまわりに外構工事を行って「よかった」と言う知人がいるのなら、工事をした会社を教えてもらいましょう。

 

でも、このとき、工事をした会社へは、あなたが直接連絡することをおすすめします。

 

やはり人と人との関係ですから、合う、合わないがあります。

予算の関係もありますし、提案方法が合わないこともあります。

 

知人に連絡してもらい、いきなり業者が見積もりにやってきたら、あなたもたぶん困ると思います。

 

まずは、あなたと紹介先の業者が電話やメールでやりとりし、信頼できそうだなと感じたら、具体的な見積もりという流れに進んでみましょう。

5: まとめ

外構は見た目も大切です。

 

おしゃれなイメージ、カッコいいイメージも大切です。

毎日見るものですし、毎日誰かに見られてるものですから仕方ありません。

 

しかし毎日使うものだということも忘れないでください。

 

毎日玄関から道路まで出るとき、歩きにくいとイライラします。

雨が少し降っただけで、足元に泥が跳ね上がるのではたまりません。

 

ですから外構工事には、見た目も大切ですが機能面での設計も必要なのです。

 

機能面の提案は、実際に業者さんが扱った経験値に比例するところがあります。

また、得意な分野もあります。

 

私どもで言うと、擁壁という山肌を支える工事も得意ですから、必然的に水はけを上手にすることも得意なのです。

 

新築の場合、家の下や庭の水はけは地味ですが、家を長持ちさせ、庭をいつでも快適にするためには不可欠な技術です。

 

こういった技術は見た目では判断できませんが、家や庭を大事に思っておられる方には、大変重要であり喜ばれている技術です。

 

 

このように、外構工事業者によって得意なことがありますから、あなたの外構に必要な「得意分野」を持った業者さんに問い合わせしてほしいと思います。

 

外構工事は一度やって失敗したから、またすぐにやり直そう。

そういうものではありません。

 

しっかりとご自身がイメージする外構に合った業者さんを選んで、10年、20年と快適に暮らせる庭を手に入れてください。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です