擁壁と土留めは違うの?建物を守る擁壁(ようへき)とは

擁壁と土留めは違うの?建物を守る擁壁(ようへき)とは

不動産物件を探しているときや、宅地の造成を考えているとき、目にすることのある言葉に「擁壁」と「土留め」があります。

どちらも一般的に使われる言葉ではなく、主に土木工事などで使われる言葉のため、はっきりとした意味や違いがわかりづらいものです。

 

そこで、今回は擁壁(ようへき)と土留めについてお話したいと思います。

擁壁と土留めの違い

まず言葉の印象からわかりやすい「土留め」についてお話しましょう。

「土留め」とは、法面(のりめん)と呼ばれる「切土(きりど)」や「盛土」によって人工的に作られた斜面や崖などの崩壊を防ぐための工事をいいます。

※切土とは、高い地盤や斜面を切り取ることで低くし、平坦にすることをいいます。

山間の高速道路や鉄道が通る部分だけを、掘り下げて底に道路や線路を建設した状態をイメージしてもらうとわかりやすいでしょう。 

 

一方の「擁壁(ようへき)」とは、法面や崖などの崩壊を防ぐための「土留め」として、コンクリートブロックや石などを使った「壁状の構造物」のことを指しています。

 

つまり

  • 法面や崖の崩壊を防ぐことを「土留め」
  • 土の崩壊を留める壁状の構造物を「擁壁」

 

このように呼んでいます。

擁壁について

それではもう少し詳しく、私たちの建物を守ってくれている「擁壁」についてお話していきたいと思います。

 

擁壁は、土壌が自然の状態で滑り出し、崩壊する限界の角度を超えるような高低差がある地面に設置する構造物です。

 

土壌は自然の状態で放っておくと、横からの圧力によって斜面が崩壊します。

横からの圧力(横圧)を受け止め、場合によっては土壌に染み込んだ水圧にも耐えることで、土壌の崩壊を守るのが擁壁の役割です。

 

土壌に掛かる横圧は、上部に行くほど小さくなり、下部に行くほど大きくなります。

 

擁壁が適切に施工されていないと、擁壁が土壌の横圧に負け、擁壁そのものが転倒し土壌が崩壊することになります。

 

また、地下水や雨水によっても崩壊することがあるため、擁壁の施工には排水の技術も必要となります。

 

このように擁壁は専門的な知識と経験、土壌に適した擁壁の工法が必要となります。

 

私たちは普段の生活で擁壁を見てもただの「壁」としか見ていませんが、擁壁は建物を守るという大切な役割を担っています。

そして、私たちの生活や人命を守る役目をしていることも、忘れてはいけません。

擁壁の種類

このように私たちの建物や生活に使う道路や鉄道などを守っている擁壁には、いくつかの種類が存在します。

 

それぞれの種類には

  • 土の圧力
  • 土の上に載る荷重
  • 地震力
  • 地盤の強さ
  • 擁壁の重量

 

など、それぞれに適した特徴があり、もっとも適した方法を選ぶ必要が出てきます。

 

それでは、擁壁の種類をお話します。

空積み式擁壁

石やコンクリートブロックを積み上げて、その間にセメントやモルタルを充填せず「積み上げただけ」のものを「空積み式擁壁(からづみしきようへき)」と呼びます。

 

積み上げた石やコンクリートブロックが崩れないように、小石や小さく砕いた石を隙間に入れることで固定します。

 

もっとも簡素な擁壁であり、耐久性は強くありません。

ガーデニングや造園などで利用されることが多い擁壁です。

練積み式擁壁

石やコンクリートブロックを積み上げて、その間にセメントやモルタルを充填することで、積み上げたものを連結し強固な状態を作るのが「練積み式擁壁(ねりづみしきようへき)」と呼ばれる擁壁です。

練積み式擁壁は、大きなものになると、擁壁の下部にコンクリートを打ち込むことで、さらに強固な基礎を作ります。

重力式擁壁

重力式擁壁(じゅうりょくしきようへき)とは、擁壁そのものが重い材料で構築されていることから、擁壁の重量で土壌からの圧力を受け止める構造になっています。

 

重力式擁壁は安定性を高めるために、擁壁の下部が上部よりも前に出るように斜めの構造を取ることが多いです。

もたれ式擁壁

もたれ式擁壁は、土壌が比較的安定しているところへ、土壌へもたれかかるようにコンクリートを打って構築します。

練積み式や重力式のように、擁壁が自立していないのが特徴です。

 

山間部の高速道路で見かけることが多い擁壁です。

プレキャストL型擁壁

底部にL字形の構造を持つ擁壁です。

底部のL字形の上に乗った土の重量と擁壁の重量とで、土壌の横圧を支えます。

 

施工が早く鉄筋コンクリートを使うため、擁壁の厚さが薄くなるので用地の確保がしやすいという特徴があります。

シートパイル式擁壁

軟弱な地盤で擁壁を作る空間に余裕がないところで使われます。

シートパイルには、鋼鉄やビニール、木材などを使った柱状の部材を、擁壁として地面に打ち込んでいきます。

 

大きな工事現場などで見かけることが多い擁壁です。

アンカー式擁壁

アンカー式は、どの擁壁の種類にも組み合わせて使われます。

擁壁の背後の岩盤や土壌へアンカーを打ち込みケーブルなどで固定します。

 

高い圧力に耐える必要がある場所や、擁壁の厚みを薄くする必要があるところで、強度の不足を補うために使われます。

まとめ

土の流出や崩壊を留める「擁壁」は、様々なところで使われています。

 

一般の住宅でも、一段高いところに建築されている場合には「擁壁」があるはずです。

 

また、山を切り開いた住宅地なら、家の表は普通の庭ですが裏のガレージは地下になっていて擁壁が使われていることもあります。

 

普段は気にすることが少ない擁壁ですが、もし自分の住まいに擁壁があるのなら一度じっくりと見てみてください。

 

あなたの生活を守ってくれている擁壁が、今どんな状態なのかを見ておくことは、あなたの家をいつまでも快適な状態にすることにつながります。

 

もし、擁壁に「ヒビ」などが見つかった場合には、擁壁工事を専門としている業者へ相談してください。

 

放っておくと家が建っている土地の圧力に擁壁が耐えきれなくなり、擁壁のヒビが少しずつ大きくなっていきます。

大きな事故や崩壊が起こる前に、早めの修繕をしておきましょう。

しつこい営業は致しません!
お見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

tel:0120-506-141メールでのご相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です